Curiosity Note

創作中心のイラストと小説を書いています。

『大銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~』レポート

中学生の時にハマっていた漫画が最終回前なので、記念展示会が行なっていました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831141914j:plain

巡回式の展示会で大阪で、やっていると聞いて梅田へ行ってきました

会場前に着くともう既に、並んでいました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831142256j:plain

整理券を貰った後にはこの画面で確認ができる様です↓

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831142359p:plain

自分の番号が来るまで、大丸で買い物をする等で暇を潰す事ができます

早速、中へ入ると―――

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831142515j:plain

万屋トリオが反省を背に、土下座をしていました

ここは撮影可能なので皆さん撮っていました

(ここから先は撮影禁止。当たり前ですが……)

洋式便座が待ち構えている様に並んでいました(これぞ銀魂ワールド)

便座を見た人々は『トイレだ!』『便座がある!』と騒いでいました

(厠=トイレの意味)

そこからは銀魂ワールドで、作者の制作秘話や安心と信頼のネタがありましたがシリアスな場面はシリアスに飾っていました

最後は空知英明先生の作業場公開していました

銀魂が好きな人にはうってつけの展示会でした。

銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~

daigintamaten.com

『源信 地獄・極楽への扉』レポート

源信が亡くなってから千年が経ちました

彼の故郷、奈良で特別展示会が行っていました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831124457j:plain

源信は人々に極楽浄土への行き方、地獄の恐ろしさを伝えました

言わばそのマニュアルである『往生要集』を書きました

六道絵図、地獄絵図が飾っていました

前半は源信の生涯と地獄の世界観、後半は極楽浄土及び宇治平等院の仏像達が置いてありました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831125059j:plain

 夏休みであって、子供連れのお客さんがいらっしゃいました

東大寺の閻魔さんがいらっしゃいましたが、笑顔で迎えていました

また、タブレットで地獄絵図の詳細を見る事ができます

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831125304j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831125335j:plain

こちらは期間限定メニュー『極楽と地獄 冷やしそうめん』です

極楽浄土のツユはゴマたれで、地獄は一味唐辛子とトマト、ラー油と言ったスパイシーなツユ(ハバネロはお好きに追加して下さい)です

※本人は地獄ツユが美味しくて、飲んでしまいました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831130319j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831130456j:plain

小学生以来の奈良であって、少し変わったのかなと思いましたが変わらなかった風景

博物館前には蕾状態の蓮がありました

源信 地獄・極楽への扉

京都祇園祭(2017年)レポート

とっくに過ぎていますが我が家では初となる、祇園祭(後祭)へ行ってきました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831095415j:plainf:id:Aquamarine_tulipano:20170831095156j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831095633j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831095829j:plain

お馬さん達は、立派な装具を着けていて皆はお利口さんでした

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831100514j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831100718j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831100807j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831100945j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831101202j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831101545j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831102126j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831102529j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831104936j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831105505j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831112339j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831112757j:plain

後祭は七月の下旬に行う行事の一つで、スタート地点も違うようです

調べた所、山鉾は烏丸通りから。花鉾は八坂神社から。

時間帯も違うのでどこから見るのかは人それぞれ。

私は山鉾派なので烏丸通りに選択しました

 

京都の伝統の祭り、皆様も行ってみてはどうでしょうか?

www.kbs-kyoto.co.jp

【古馬三冠】prompt×Kitasan Black【完走記念】

www.youtube.com

日高で産まれたその仔馬は、誰よりも賢く人に順応な男の子
大きな期待はありませんでした。活躍した兄弟はいません
彼には七冠馬の叔父がいて、偉大すぎる家族がいます
それでも彼は厳しい調教をこなし、数々のG1を勝ち取りました
今の彼は多くの人から愛されて「みんなの愛馬」になりました
その馬の名は―――

今年の春のG1では、キタサンブラックが2つの伝説を作りました

一つはG1として昇格した『大阪杯』の初代王者

二つは天皇賞春で叔父ディープインパクトのレコードを塗り替えた事

上半期の締めくくりと言えるG1『宝塚記念』では、10万票を超える投票数で沢山の期待がありました。

その同時に『春古馬三冠』の期待が膨らんでいました

(でも、そこにあったのは誰も予想しなかった敗北でした)

血統はそこまで良血とは呼べない、活躍した兄弟なんて全くいない

枠順の発表時に八百長疑惑だとか血統の批判に負けず、走る彼の姿を見る度に応援したい気持ちが湧きます

 【続きを読む】は私が宝塚記念で経験した私の独り言です

続きを読む

『開館120周年記念特別展覧会 海北友松』レポート

もう一つの展覧会へ行ってきました

母「折角だし見に行ったら? もうすぐ終わっちゃうから」

京都国立博物館が今年開館してから120年に迎え、その記念としてある巨匠の特別展が開いていました

彼の名は海北友松

安土桃山時代に近江の浅井家に吐う子供として生まれた

父と兄は戦中に喪ってしまい、武門の再興を夢見ながら筆を進めた

  1. 実は春日局父親とは親友であり、彼女の肖像画がある
  2. 愛らしく描かれた動物の絵がある(中でも猿の絵が人気)
  3. 友松と言ったら建仁寺の雲竜図、掛け軸があれば屏風もある
  4. ↑の屏風のブースでは薄暗くて雰囲気が醸しており、一番の注目作品
  5. 米国に所蔵している友松の絵が飾っており、60年ぶりの日本公開である

開催期間と場所

2017年4月11日(火)― 5月21日(日)

午前9時30分-午後6時

  • ※金・土曜日は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)

yusho2017.jp

『いつだって猫展』レポート

父の誕生祝についでに、京都で開いていた『いつだって猫展』へ行ってまいりました

現代には猫が好きな人が多くいらっしゃいますが、浮世絵師も猫が好きな方がいました

時に猫は悪役として描かれている場合が多く、妖怪の一種『化け猫』として描かれていました

  1. 歌川国芳が描かれた猫
  2. 美女や遊女と共に描かれいる絵があり、猫は女性のシンボル
  3. 人の様に動く猫の絵がある
  4. 全国の招き猫、集結。招き猫の起源の諸説がある
  5. 明治時代で生まれた猫の玩具を体験する事ができる
  6. 江戸時代はお金持ちが飼っており、富裕の象徴でもあった

また、東海五十三を猫でパロディした猫の絵があり自分のお気に入りの猫が見つかる(と思う…)

限定商品も豊富なので、ぜひお気に入りの商品を買って思い出に浸りましょう。

www.bunpaku.or.jp