Curiosity Note

写真とイラストを載せています。

【MMDシンフォギア】小日向未来でParanoia

f:id:Aquamarine_tulipano:20190620133809p:plain
御無沙汰多です

今、夢中になっている「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズのMMDモデルを見つけたのでMMD動画を作りました

お借りした動画はコンテンツツリーに登録しています

『フェルメール展』レポート

f:id:Aquamarine_tulipano:20190506225744j:plain

令和最初の美術展はフェルメールでした

光の魔術師と言われている彼はその名通りに、光の表現と空間の緊張感が見ている人達を伝えているのです

この展示には大阪開催限定の作品、日本初上陸の6点の作品が展示していると同時に、日本初上陸の作品が飾っています

f:id:Aquamarine_tulipano:20190506225242j:image

自宅で昼ご飯を食べて、着替えて、洗濯物を取った後に電車に揺れながら天王寺へ。

強い風と晴天でしたが、後に雨が降るとは知らずに傘を持っておらずorz

f:id:Aquamarine_tulipano:20190506225321j:image

フェルメールの絵をこの目で見ようと数多くの人がいました

普段は空いている曜日に行きますが、今回は祝日にして10連休最終日なのか人が混んでいました

東京開催の美術館『上野の森美術館』と大阪開催の『大阪市立美術館』の入場者数を合わせた入場者数は何と百万人突破した看板が飾っていました(如何にフェルメールが人気が分かる事です)

左右にいるちびキャラ達は、フェルメールが描いた人物像で、実際に見れます

f:id:Aquamarine_tulipano:20190506225331j:image

看板前には記念にと撮る方が沢山おり、中には友達や家族連れ看板の前に立っていましたが、私は見た後に撮りました。

それではいつもの様に箇条書きで説明します

  1. 作品『取り持ち女』にはフェルメールの書き直しが判明する(これはビデオ展示にて流れている)
  2. フェルメールと同時代の画家達の絵が飾っている
  3. 光の表現が柔らかく、空気が優しい一方、緊迫感が詰まった絵がある
  4. フェルメールと言えば「青と黄」。彼のブースにそれをイメージした飾り方をしていた
  5. 「牛乳を注ぐ女」等のフェルメールブルーの作品がある

それと、この展示会へこれから行く皆様に伝えます

フェルメールと言えば真珠の耳飾りの少女ですが……

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/66/Johannes_Vermeer_%281632-1675%29_-_The_Girl_With_The_Pearl_Earring_%281665%29.jpg/250px-Johannes_Vermeer_%281632-1675%29_-_The_Girl_With_The_Pearl_Earring_%281665%29.jpg

この作品は展示していません。

この作品は展示していません。

この作品は展示していません。

※大 事 な 事 な の で 、3 回 言 い ま し た 。※

実は、私もその一人で展示しているだろうと思えば、実は展示していませんでした。

いつかはこの作品を生で見てみたいです(涙)

フェルメール

期間:2月16日~5月12日(最終日まで休まず開業)

www.vermeer.jp

令和の挨拶

f:id:Aquamarine_tulipano:20190501091714p:plain

平成の描き納めは創作キャラ第一号と言える月夜です

彼女が生まれたのは私が中学生時代で、当時はNARUTOのオリジナルキャラクターとして使っていましたが、設定を変えて今は京都出身の高校生になりました

彼女以外に多くの創作キャラクターがいますが、令和になっても当ブログを何卒宜しくお願いします

『不思議の国のアリス展』レポート

f:id:Aquamarine_tulipano:20190412105433j:plain

ルイス・キャロル作のおとぎ話不思議の国のアリス

世界で知られ渡り、出版されてから150年以上経ってもなお愛され続けているアリスの展示会がこの県立美術館で行っています

f:id:Aquamarine_tulipano:20190426221037j:image

チケットを手にする前に、入場口に通じる階段横に巨大な看板

この子ブタを抱えたアリスの秘話がありますよ


f:id:Aquamarine_tulipano:20190426221117j:image

f:id:Aquamarine_tulipano:20190426221111j:image

f:id:Aquamarine_tulipano:20190426221211j:plain

何と、撮影OKブースがありました!

ここでは帽子を被り写真を撮ったり、アリスのお茶会をイメージしたテーブルなど撮れます

さて、このブース以外は撮影禁止なので説明します

  1. ルイス・キャロル(本名:チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン )とアリス・リデルとの出会い、『不思議の国のアリス』が出版するまで
  2. 登場人物たちのラフ画
  3. 不思議の国のアリス鏡の国のアリスの挿絵
  4. 画家達が描いた、造ったアリスのイラスト(その中にディズニーアニメ版『不思議の国のアリス』の設定画が飾っている)
  5. 実はアリスのミュージカルがあった、そして無声映画もあった
  6. 謎解きゲームがあるので、参加したい方は参加をお願いします

f:id:Aquamarine_tulipano:20190426221159j:image

売店から出ると、係員や撮影ブースに飾っていた帽子の人気投票のボードがありました。

こちらは大阪文化服飾学院の皆様がお造りになった帽子で、個性的な帽子が勢揃い

私は上記の写真である10番の帽子に投票しました

不思議の国のアリス

開催期間:3月16日~5月26日

入場料

  • 一般:1400円
  • 高校・大学生:1000円
  • 小・中学生:600円
  • 小学生未満:無料

www.alice2019-20.jp

Vroid Hubに登録しました

f:id:Aquamarine_tulipano:20190416110714p:plain

ドヤ顔+腕を組みながらこちらを見ている、月夜である

hub.vroid.com

Vroidで作ったモデルを共有できるサービス「Vroid Hub」に登録しました。

こちらは自身のモデルでMMDモデルとして使うので、ダウンロードはNGですが月夜のプロフィールや詳細を書いています

お借りした素材

booth.pm

booth.pm

booth.pm

booth.pm

booth.pm

『没後130年河鍋暁斎 鬼才!Kyousai!』レポート

f:id:Aquamarine_tulipano:20190411225434j:plain
お久しぶりに、このカテゴリーでの投票になります。

浮世絵師の中で一番好きな、河鍋暁斎の展示が兵庫県で行っていました

f:id:Aquamarine_tulipano:20190411150912j:imagef:id:Aquamarine_tulipano:20190411150918j:image

美術館の玄関口には暁斎が描く人間と動物達の絵が描かれていました

展示会場の前に飾っていた妖怪の絵も是非、見逃さない様に見て欲しい。

墨と朱で描かれているので、思わず立ち止まって見てしまいました

さて、展示内容は下記の通りです

  1. 暁斎特有の強い彩色の浮世絵
  2. 下絵から伝わる暁斎の観察力
  3. 幕末から明治での出来事をユニークな風刺画で表す
  4. 平安貴族の『とある遊び』の絵の展示
  5. 暁斎の人生
  6. 地獄の閻魔王や奪衣婆をこれもかと面白可笑しな絵を描く(真面目に描いた絵があります)

上記にある平安時代の絵を見た時の私は『平安から日本人は、可笑しな遊びが好きなんだな』と心の声を発しました

神話上の神様の中で断トツ好きな閻魔さんの影響を受けたのは、この河鍋暁斎でありそのビビッドな色使いとユニークな絵を描いており『暁斎の中の閻魔さん』と知った同時に暁斎の世界観に惹かれてしまいました。

幼少期から絵を描くのが好きだった彼は、9歳の時に生首を写生したと言うロックな人生を歩み、胃がんで58歳で亡くなった今でも、その筆力と色使いに魅了された人は「鬼才」と謳われています

f:id:Aquamarine_tulipano:20190411220459j:image

パーカーの元ネタはこちらです↓

Kawanabe Kyosai EnmaToJigokudayu-zu.jpg
By 河鍋暁斎 - Scanned from 『若冲と江戸絵画』, 日本経済新聞社, 2006., パブリック・ドメイン, Link

没後130年河鍋暁斎 鬼才!Kyousai!

期間:4月6日~5月19日

  • 前期:4月6日~4月29日
  • 後期:4月30日~5月19日

入場料

一般:1400円

大学生:1000円

70歳以上:700円

高校生以下:無料