Curiosity Note

創作中心のイラストと小説を書いています。

『開館120周年記念特別展覧会 海北友松』レポート

もう一つの展覧会へ行ってきました

母「折角だし見に行ったら? もうすぐ終わっちゃうから」

京都国立博物館が今年開館してから120年に迎え、その記念としてある巨匠の特別展が開いていました

彼の名は海北友松

安土桃山時代に近江の浅井家に吐う子供として生まれた

父と兄は戦中に喪ってしまい、武門の再興を夢見ながら筆を進めた

  1. 実は春日局父親とは親友であり、彼女の肖像画がある
  2. 愛らしく描かれた動物の絵がある(中でも猿の絵が人気)
  3. 友松と言ったら建仁寺の雲竜図、掛け軸があれば屏風もある
  4. ↑の屏風のブースでは薄暗くて雰囲気が醸しており、一番の注目作品
  5. 米国に所蔵している友松の絵が飾っており、60年ぶりの日本公開である

開催期間と場所

2017年4月11日(火)― 5月21日(日)

午前9時30分-午後6時

  • ※金・土曜日は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)

yusho2017.jp