Curiosity Note

創作中心のイラストと小説を書いています。

『源信 地獄・極楽への扉』レポート

源信が亡くなってから千年が経ちました

彼の故郷、奈良で特別展示会が行っていました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831124457j:plain

源信は人々に極楽浄土への行き方、地獄の恐ろしさを伝えました

言わばそのマニュアルである『往生要集』を書きました

六道絵図、地獄絵図が飾っていました

前半は源信の生涯と地獄の世界観、後半は極楽浄土及び宇治平等院の仏像達が置いてありました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831125059j:plain

 夏休みであって、子供連れのお客さんがいらっしゃいました

東大寺の閻魔さんがいらっしゃいましたが、笑顔で迎えていました

また、タブレットで地獄絵図の詳細を見る事ができます

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831125304j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831125335j:plain

こちらは期間限定メニュー『極楽と地獄 冷やしそうめん』です

極楽浄土のツユはゴマたれで、地獄は一味唐辛子とトマト、ラー油と言ったスパイシーなツユ(ハバネロはお好きに追加して下さい)です

※本人は地獄ツユが美味しくて、飲んでしまいました

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831130319j:plain

f:id:Aquamarine_tulipano:20170831130456j:plain

小学生以来の奈良であって、少し変わったのかなと思いましたが変わらなかった風景

博物館前には蕾状態の蓮がありました

源信 地獄・極楽への扉